TOPICS

とちぎ中小企業支援ネットワークとは

とちぎ中小企業支援ネットワークは、栃木県内の中小企業・小規模事業者の経営改善、再生支援業務に携わる31の支援機関で構築されており、中小企業支援にかかる情報交換、意見交換並びに研修会等を行い、ネットワーク参加機関相互の連携強化を図るとともに、栃木県内の中小企業・小規模事業者に対する経営・再生支援を通じて地域経済の活性化に寄与することを目的としています。

ネットワーク参加機関では、栃木県内の中小企業・小規模事業者のみなさまの経営改善をお手伝いするため、多種多様な経営支援策をご用意しています。中小企業・小規模事業者のみなさまが抱える経営課題に合った経営支援策をご活用ください。
なお、事務局は栃木県信用保証協会が務めています。

ネットワーク参加機関一覧

とちぎ中小企業支援ネットワーク会議

とちぎ中小企業支援ネットワーク会議は、とちぎ中小企業支援ネットワークに参加する機関が、情報交換や経営改善施策、再生事例の共有により、中小企業支援に対する目線を揃え、地域全体の経営改善スキルの向上を図ることを目的としています。

経営サポート会議

経営サポート会議は、とちぎ中小企業支援ネットワークに参加する機関が中心となって、中小企業・小規模事業者の支援策に関する意見交換や調整を行うことにより、早期の経営改善や再生を図ることを目的としています。

経営サポート会議実施状況

※経営サポート会議の開催を申請する金融機関は「経営サポート会議開催申請書」を栃木県信用保証協会までご提出ください。

中小企業再生ファンド

中小企業再生ファンドは、財務改善や事業見直しにより再生可能な栃木県内の中小企業・小規模事業者を対象に金銭債権の買取や株式出資等の投資を行い、債務の軽減を図るとともに、継続的な経営支援を行い、再生を支援することを目的としています。

中小企業再生ファンドの概要

名称
とちぎネットワークファンド投資事業有限責任組合(通称:とちぎネットワークファンド)
ファンド総額
20億円
無限責任組合員
株式会社とちぎネットワークパートナーズ
有限責任組合員
独立行政法人中小企業基盤整備機構、株式会社足利銀行、株式会社栃木銀行、足利小山信用金庫、栃木信用金庫、鹿沼相互信用金庫、佐野信用金庫、大田原信用金庫、烏山信用金庫、真岡信用組合、那須信用組合、栃木県信用保証協会
存続期間
8年間(3年を限度に延長可能)
支援対象企業
過剰債務等により経営不振に陥っているものの、本業に相応の収益力があり再生が見込める先で、中小企業再生支援協議会による再生計画の策定支援を受けた企業など
投資形態
債権買取や株式出資など

運営・管理会社の概要

名称
株式会社とちぎネットワークパートナーズ
設立
平成25年6月20日
所在地
栃木県宇都宮市大通り四丁目1番20号 宇都宮けやき通りビル4F
代表者
安野 真、田口 和行
PAGE TOP

©2016 とちぎ中小企業支援ネットワーク INC.